ゼミ紹介

  • ゼミ1
  • ゼミ2
  • ゼミ3

都市防災計画研究分野のホームページへようこそ

私たちの研究室では、都市域の防災に資することを目的とした研究を行っています。

 

日本では近い将来、南海トラフの巨大地震・首都直下地震といった、東日本大震災を超える規模の巨大災害に見舞われることが予想されています。災害にしばしば見舞われる日本は、災害とともに生きていく都市、建築をつくってきました。技術的な観点だけでなく、歴史的・文化的視点もふまえ、巨大災害をどのように乗り越えるのかについて考えたいと思います。

 

また、大・巨大地震の揺れの生成メカニズムを調べる理学的研究もしています。
都市の広がる平野や盆地は、地震の揺れを増幅する柔らかい堆積層が厚く積み重なった地盤であり、地震動被害の発生する危険も高い場所です。平野や盆地の地震応答や大・巨大地震の震源像を研究し、将来の大・巨大地震時の揺れの予測に役立てています。

最新記事

  • 和歌山県由良町で下記のように住民参画型事前復興ワークショップを開催しました。・ 2020年2月9日、小引地区(第3回目)・2020年2月16日、戸津井地区(第2回目)今回はまず、今までの調査やワークショップでわかった住民 …

    小引・戸津井事前復興WS

  • 2020年1月18日に、兵庫県南あわじ市福良地区で、事前復興まちづくりに関する住民との意見交換会を行いました。 「ふくらいふ展」などで調査してきた福良地区の魅力を守り、受け継いでいくために学生や研究員で考えたまちづくり提 …

    福良まちづくり意見交換会

  • 11月25,26日に台北で行われたNCDR(國家災害防救科技中心), DPRI(京都大学防災研究所) Workshopに牧教授と曽我部(D1)が参加し、以下の題目で発表しました。 Analysis of long ter …

    NCDR Workshop